大規模になりやすい排水管の水漏れの修理

排水管の水漏れが起きた時に、どこでおきたのかということが重要になるでしょう。気が付くような場所もあれば、見えないようにされている配管もあるからです。どうしても簡単に修理することができない配管も存在しているため、修理の方法も考えていかなければいけません。場所によっては、大規模な工事も必要になってくることもあります。トイレの交換といったこともそのひとつで、取り外さなければ修理できないようなことも出てくるからです。

■修理するのは簡単ではない

排水管の水漏れが起きる原因はいろいろとあります。つまってしまうような配管の内部の原因もありますし、地震がおきて外部から強い力がかかり、破損したり破断したりするようなことも考えられます。内部に問題がある場合、修理するためには、洗浄機を使っていく方法がメジャーな方法になってきます。つまっているような問題を取り除くだけで、水漏れを解消できることもあるからです。
しかし、老朽化といった問題が発覚した時には、修理をするためには交換が必要になってきます。内部から特殊な方法で修理する方法もありますが、マンションなど大規模な工事が必要になったときにしか使われることはありません。交換するためには、配管自体が見えるようにしなければならないため、見えないところからの水漏れは大きな工事になってきます。

■復旧させることも費用として掛かる

排水管は、さまざまなところを通すことがあります。気が付かないような場所もありますが、基礎の間を通すようなことはよくあることです。外部へ向かって排水しなければならないため、交換となると羽部を壊したり、床を斫って配管を露出させる方法をとるしかありません。
破断しているような配管を交換する場合も同様で、問題のある個所を取り外してから入れ替えることになります。問題点となってくるのは、交換するだけでは済まない点です。交換が終われば、復旧させなければならないため、どうしても時間がかかります。費用もかなりのものになってしまうのは、元に戻すことが必要になるからです。

■まとめ
排水管の水漏れは、大きな問題につながることも珍しくありません。修理をするとしても、大規模な方法をとる場合があり、結果、建物の各所を調べていくことにつながります。しかし壁を外してみたら、中で水浸しになっていたといったことも出てきますので、定期的に点検をしていくとともに、十分に注意しておかなければいけないでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ