排水管から水漏れを起こす原因

水漏れが起きるということは、さまざまな原因があります。この原因を知ることによってトラブルを起こす前に対処できるようにもなります。排水管のトラブルとして考えられることは、実際に複数あります。負担の少ない配管になっているからこそ、ダメージが蓄積した時には、水漏れにつながってしまいますし、修理も必要になっていきます。トイレなどでは、状況によってはトイレの交換も考えていかなければいけません。

■避けられない老朽化

排水管から水漏れが起きる原因として考えられることとして、もっとも大きなものになってくるのは老朽化です。経年劣化という言い方もできますが、年月が経てば確実に劣化していってしまうのは、排水管も変わりません。修理をするとしても大きな問題になってきますが、劣化が進んでいけば、確実に破損して水漏れどころか機能を失います。
この年月は一体どれぐらいで起きるかは、その場所によっても違いますが、1か所でも起きれば、他の場所でもおきることになるでしょう。勾配によって流れていくことになるのが排水管で、負担はかなり少ない状況ではあるものの、劣化しないということではありません。それどころか常に満たされないことが劣化を早めることにもつながるからです。

■外部からかかる強い力

老朽化が進むほどの年月が経っていない環境でも、水漏れが発生することはあり得ます。修理をするとしても、大事なポイントになってきますが、どの配管であっても内部からの圧力には強くても、外部からかかる力には耐えるようにできていません。そのひとつになってくるのは地震です。
振動によって負担がかかってしまい、破損してしまうようなケースもありますが、ずれて外れて水漏れを起こすようなこともあります。大地震が起きた時には、完全の破断してしまうようなこともあるでしょう。最近の日本の地震では、こうした水漏れの可能性もあるため、大小関わらず地震の後には注意をしておく必要があります。異臭がしているときには、排水管が水漏れしていると思いチェックが必要です。

■まとめ
排水管の水漏れを発生させる原因はいろいろとあります。特に経年劣化は、どんなものでも避けることはできません。1か所起きれば、連続して起きてくる可能性も出てきます。トイレの水漏れなどでもありますが、根本的な部分で解決しなければ、どんどんと漏れてくるようなことも起きてくるため、検査をしながら早期の対応を考えていくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ