排水管の水漏れトラブルを自分で解決

水漏れがおきているということは、大きなトラブルになってきます。発見できたことは、まだ幸運であるといってもいいでしょう。排水管は目につかないところに通していることが多いので、どうしても発見が遅れてしまうことになります。ですが、臭いがしたり、考えられないようなところが濡れていたりすることで水漏れがわかる場合があります。しかし、自分で対処できるのであれば、自分で修理を考えてみると費用に関しての負担は軽減します。

■接続部分を締め付ける

排水管の水漏れとして考えられるのは、接続部分で緩んでいるケースです。可能性としてはかなりのものになってきますが、シンクの下などの排水管であれば、水のトラブルとして自分で修理することができます。単純な方法として、緩みをなくしてしまえばいいだけだからです。
ナットをしっかりと締め付けて、水漏れするような隙間がなくなれば、問題はなくなっていくでしょう。ここで注意しなければいけないのは、ナットのネジ山からでも水は漏れてくるという部分です。水漏れ防止のテープを巻いて締め付けることが大切で、市販されているために忘れないようにしましょう。あまり締め付けてしまうと、ねじ山をねじ切ってしまうため、適度に締め付けて終わりにすることも大切です。破断させてしまえば、根本から交換しなければいけません。

■交換しなければいけないときの注意

シンクの下などで、締め付けても水漏れが続いている場合には、排水管事態が破損している可能性があります。見える側だけで漏れているとは限りません。実際にひびが入っていて漏れているということも考えられます。こうした状況であれば、交換することで問題を解決することができます。
ホームセンターなどで購入することができますし、加工までできるところも珍しくなくなりました。注意点としては、同じようなパーツではなく、寸法もしっかりと合わせることです。水はわずかな隙間でも漏れてくるようになるため、確実なパーツにしなければいけません。メーカーを調べて同じものを用意するのが基本です。そのほか、洗浄剤をたくさん使うのも問題になる時もありますので、容量を守って使うようにしましょう。

■まとめ
意外と思われる原因に、洗浄剤の使い過ぎもあります。これは、つまりを解消するつもりが、配管のつなぎ目にダメージを与えてしまうようなことにもつながるからです。せっかく水のトラブル解消のための洗浄のつもりが、あとから臭いが出てくるといったときには、排水管事態をチェックしてみることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ